0911_00

マンガで教養を身につけろ!無料で読める「解説マンガ」5選【医療編ふたたび】

11/09/2014

 

【第一弾】マンガで教養を身につけろ!無料で読める「解説マンガ」5選+α!!【医療編】

 

7月31日にgotamagで掲載された「解説マンガ特集」。

この記事で筆者は、幅広い知識を得て教養を身につけるためには「マンガ」という方法論が非常に有効であることを提唱した(詳しくは上記リンク参照)。

 

そして前回から一ヶ月以上が経った現在、実はまだまだ解説マンガが存在していたことが明らかになった。

 

今回取り上げるテーマはまたしても「医療」。

人間、誰しも病気はする。しかし、病気に関する正しい知識をわれわれは必ずしも持ちあわせてはいない。

だからこそ、ネット上にはさまざまな医療関係の「解説マンガ」が存在しているのだろう。

これから紹介する作品を読んで、ぜひとも正しい知識を身につけ、教養を深めていっていただきたい。

 

 

『くろーんず−マンガで分かるクローン病−』

 

0911_01

『くろーんず−マンガで分かるクローン病−』( http://venusfloatingcity.appspot.com/comic.html )より

 

くろーんず−マンガで分かるクローン病−

 

「クローン病」とは、口腔から肛門までの消化管全体に炎症や潰瘍を引き起こす病気で、現在、厚生労働省より難病(特定疾患)に指定されている。主に若年者に見られる病気で、その発症原因はいまだはっきりとわかっていない。

 

本作の作者はクローン病の当事者であり、純粋にクローン病の幅広い認知を目的として執筆しているという。病気そのものの解説や、クローン病患者ならではの苦労などが、日常系マンガのようなゆるさで描かれているのが特徴だ。

 

作品は現在第5回まで公開されているが、作者がクローン病とは別の病気を患い、療養中のため、第6回の公開予定は2015年2月28日になるという(作者のサイトを参照)。作者の快復を祈りたい。

 

 

『マンガで分かる切らない痔の治療』

 

0911_03

『マンガで分かる切らない痔の治療』( http://mitsumiya-clinic.jp/manga1/sandaishikkan.html )より

 

マンガで分かる切らない痔の治療

 

兵庫県は神戸市にある「みつみや大腸肛門クリニック」のサイトにて掲載されている作品。

わかりやすいイラストで「痔」に関するさまざまな知識を得ることができる。

 

このサイトでは他にも『マンガでわかるお腹とお尻の診断チャート』『マンガで分かるやさしい肛門科』『マンガで分かる痛くない大腸内視鏡検査』などのマンガ作品があり、肛門、大腸周りのことならなんでもござれといったところだろう。

 

また何より、「恥ずかしい」「怖い」といったことを乗り越えて適切な医療機関に受診して欲しいという患者への思いが作品から伝わってくる。受診を迷っている方にこそ読んでいただきたい作品だ。

 

 

『マンガで分かる!慢性腎臓病』

 

0911_02

『マンガで分かる!慢性腎臓病』( http://www.kyowa-kirin.co.jp/ckd/comic/index.html )より

 

マンガで分かる!慢性腎臓病

 

医薬品の製造販売を手がける協和発酵キリン株式会社のサイトに掲載されているのが本作品。ここで描かれている慢性腎臓病とは、CKD(Chronic Kidney Disease)と略され、腎臓病の働きが慢性的に低下していく病気のことだ。

「最近メタボが気になる」「食事が偏っている」という人に起こりやすい病気だ。筆者も思い当たるフシがたくさんあるので他人事ではない。

 

マンガそのものはすぐに読み終えることができるが、本サイトにはマンガ作品以外にもCKDやその周辺の知識を広げることのできるコンテンツが充実している。マンガでCKDの基礎を学んだあとで、さらに突っ込んだ知識をスムーズに習得することができるはずだ。

 

本サイトにはその他に、CKDの合併症としてあらわれる「腎性貧血」に迫った『マンガで分かる!腎性貧血』が閲覧可能だ。こちらにはマンガの他、10分程度で腎性貧血がわかる実写ドラマ『動画で分かる!「腎性貧血と言われたら」』が用意されている。こちらも併せてチェックしたい。

 

 

『マンガでわかる!ED失敗体験談』

 

0911_04

『マンガでわかる!ED失敗体験談』( http://www.hama1-cl.jp/comic_ed/ )より

 

マンガでわかる!ED失敗体験談

 

EDとAGAを専門に扱う浜松町第一クリニックのサイトにて掲載されている作品。

さまざまな原因でED(またはそれに近い症状)になってしまった男性たちの苦悩をユーモラスに描いている。掲載されている作品は全23話。脅威の充実度だ。

それぞれ独立した一話完結のエピソードなので、気になった項目から読み進むことができる。

 

「妻とだけED」「コンドーム付けるとED」「初めての子でED」など、各話のタイトルを眺めてみるだけでも、EDの悩みは十人十色だということがわかるだろう。

さらに、各話のおわりには竹越院長による解説を読むことができる。院長のやさしい語り口で、EDに関する理解をより深めることができるぞ。

 

また、上記の画像にあるように、ページの冒頭ではなぜか金髪美女が「EDじゃない人は見ちゃダメよ」と警告してくる。

筆者はEDではないが、本記事の執筆のためにすべて食い入るように読破した。

お姉さんのいいつけを守らなかったことをお許し願いたい。

 

ちなみに、本サイトには他に『マンガでわかる!恐ろしい!ED治療薬個人輸入』というセンセーショナルなタイトルのマンガ作品も存在している。

 

0911_05

『マンガでわかる!ED失敗体験談』( http://www.hama1-cl.jp/comic_ed/ )より

 

EDで病院に行くのが恥ずかしいという声や、より安価な薬を手に入れたいという思いから、インターネットで治療薬を注文する人が少なくないという。

しかし、そこに漬け込んだ詐欺も横行しているのが現状だ。

インターネットで入手できるED治療薬の約6割が偽造品であるという調査結果も報告されている。

 

本作品では、インターネットでED治療薬を購入して失敗してしまった男性の事例が全8話にわたって紹介されている。ネットリテラシーを身につける意味でも、非常に勉強になる作品だろう。

 

 

『マンガでわかる内科』

 

0911_06

『マンガでわかる内科』( http://www.shinjyuku-naika-manga.com/index.html )より

 

マンガでわかる内科

 

最後にご紹介する作品は、「新宿駅前クリニック」監修のマンガ『マンガでわかる内科』だ。

この作品、これまで紹介した作品に比べて「内科」とテーマがかなり漠然としているが、それもそのはず、内科が受け持つさまざまな症状を広くマンガ作品にして解説されている。

 

具体的には「風邪」「インフルエンザ」「胃の痛み」「高血圧」「片頭痛」など、全18項目にわたって可愛らしい絵柄の4コママンガで描かれているのが特徴だ。

 

このサイトには他にも、『マンガでわかる皮膚科』『マンガでわかる耳鼻科・耳鼻咽喉科』『マンガでわかる男性の性病・泌尿器科』の関連サイトがある。

「病気かな?」と思ったら、自分の症状にあったマンガを読んでみると、適切な知識と受診すべき診療科を知ることができるだろう。

 

 

おわりに

 

いかがだっただろうか。

今回ご紹介した作品は、どれも前回の作品とまったく引けをとらない作品ばかりだ。

そして、まだまだ多くの素晴らしい解説マンガがネットの大海原に沈んでいるのだろう。

そんなまだ見ぬ解説マンガの数々は、また近い機会にご紹介したい。

 

 

レファレンス

難病情報センター | クローン病(公費対象)

プレスリリース | 日本イーライリリー株式会社

バイアグラ | ED治療薬のインターネット購入と偽造品 | ファイザー

 

 

(ライター・倉住亮多)

Pocket