backpacker

ヨーロッパ周遊バックパッカーの旅!~準備編 part2~

02/02/2015

 

いよいよ旅行まであと4日。

中東情勢が不安定なのでイスタンブール入りが若干不安ですが、元気に記事をお送りします。

 

前回の準備編第1弾では、旅行の概要やもちものなどを紹介しました。

第2弾となる本稿では、旅行前に知っておきたい、ちょっと実践的なノウハウを集めたいと思います。

 

 

地球の歩き方は「書店×スタバ」で読ませてもらおう!

 

 バックパッカーは複数の国を周遊するのが当たり前。でも、すべての国のガイドブックを購入していたらお金がいくらあっても足りませんよね?そこでオススメしたいのが、書店とスターバックスの合併店舗!ゆっくりコーヒーを飲みながら、店内にあるガイドブックを熟読できます。

 僕がよく利用していたのは、バックパッカーの先輩に教えてもらった、JR山手線大崎駅にあるTSUTAYAです。長期滞在する国のガイドブックは購入して、数日滞在するだけの国のものは立ち読み(座り読み?)で済ませました。

 ここでどれだけ情報収集できるかが、快適な旅の勝負どころです。

 

 

交通機関とその利用習慣を確認しておこう!

 

 いきあたりばったりの旅がバックパッカーの醍醐味ですが、大まかな移動経路と手段だけは確認しておきましょう。遠回りを避けて効率的に移動できますし、電車やバスの本数が少なすぎて野宿せざるを得ない…などというトラブルも避けられます。少なくとも、長距離バスや列車の拠点となるターミナル駅の場所は調べておいたほうが良さそう。

 また、日本とは交通機関の利用方法が異なる国もあります(例えば乗車時刻を利用者自ら機械で刻印しなければならないなど)。不正乗車で罰金を払わせられないためにも、公共交通機関の利用方法は調べておくといいでしょう。

 ちなみにヨーロッパの場合は、地球の歩き方から「ヨーロッパ鉄道時刻表」というハンドブックが発売されています。

 

 

宿は事前予約なし!「目視確認」と「Wi-Fi確認」が必須

 

 意外となんとかなるのが宿事情。前回のバックパッカー旅行で学びました。基本的にインターネットからの事前予約はしないほうがいいです。なぜなら、実際に部屋を確認して清潔感を確かめる必要があるから。ですが、現地に行く前にいくつか評判のいいゲストハウスの目星をつけておくといいでしょう。

 値段はもちろんですが、特にこだわりたいのが立地と朝食の有無、Wi-Fi事情です。部屋に入ったら全然Wi-Fiが繋がらない!ということも。

 ゲストハウスの事前調査は、日本語対応のHostelworld.comがおすすめ。iPhoneアプリもあります。

 

 

キャッシング可能なATMの確認を!

 

 バックパッカーはなるべく現金を持ち運ばずに、クレジットカードのキャッシングや国際キャッシュカードを利用する人が多いと思います。しかし、世界各地にあるすべてのATMが銀行のオンラインシステム「VISA PLUS」などに対応しているわけではありません。特に途上国に行く場合は、どこに国際キャッシュカード対応ATMがあるかを把握しておくことが重要です。なお、VISAカードが使えるATMは、「VISA ATM Locator」というサイトで調べられます。

 また、ATMを狙った情報の不正取得などの犯罪が横行している国もあります。よくある手口についても、事前に確認しておくといいでしょう。

 

 

気候を調べて最適な服装を用意しよう

 

 おそらくバックパッカーが一番頭を悩ませるのが、荷物をいかにコンパクトにするか!

そしてどうしてもかさばってしまうのが、衣服です。

 そんなときに調べたいのが、滞在予定先の気候や温度。それに合わせて、最もミニマルな服装の組み合わせを考えましょう。また、見かけの気温だけでなく、「内陸地方特有の底冷えする寒さ」「沿岸地方の海風の強さ」などという細かい情報までも調べておくと、最適な服装が選べると思います。

 バックパッカーに限らず旅行者の常識ですが、衣類は圧縮袋で小さくして持ち運びましょうね。

 

 

コンパクトにおさまる速乾タオルを持って行こう!

 

 今回バックパッカー旅行を準備するにあたり「これは!」と思ったのが、複数の旅ブログで紹介されている速乾タオル。

 僕はmontbellが販売している「マイクロタオル フェイス」を購入して試しに使ってみたのですが、その吸水性&速乾性に驚きました。そして、80×35cmあるのに畳めば手のひらに収まる薄さ!まさにバックパッカーのためのタオルと言っても過言ではない代物です。

 僕はこれをフェイスタオルとして使用し、バスタオルには同じくmontbellから販売している「ソークアップタオル」を購入予定です。こちらは水を吸っても絞ればすぐに吸水性が復活するという高機能タオル。これで、意外とかさばるフェイスタオル&バスタオルが代用できます!

 

 

財布と携帯電話はチェーンで繋ごう!

 

 海外旅行で恐ろしいのは、金銭強奪目的の軽犯罪です。スリならお金だけの被害で済みますが、手に持っている財布やiPhoneなど高価な携帯端末を無理矢理強奪されれば、怪我をする恐れもあります。

 そこでオススメしたいのが、100円均一などにも売っている金属製のチェーンの利用です。僕は、財布とiPhoneをバッグにチェーンで繋いでいます。忘れ物やスリに遭う心配がないことはもちろん、「こいつからは何も強奪できないな…」と思わせる効果もあります。

 あと、防犯対策で忘れてはいけないのが錠前。ワイヤーロックタイプをひとつ、南京錠をふたつ、長めの金属製ワイヤーをドミトリーでのロッカーの鍵や、バックパックを一時的に柱などにくくりつける場合などに利用します。場合によっては部屋の鍵として利用することも。ホテルから借りた鍵は信用しない!くらいの防犯意識が必要です。

 

 

おわりに

 

 旅ブログは星の数ほどありますが、本稿ではちょっぴり突っ込んだ実践的なノウハウを紹介してみました。

 

 

 来週以降は、いよいよ旅行日記編がお届けできるかと思います。おそらくブルガリアからお送りすることになるでしょう!

 

それでは!

 

(ライター:カガワ アイキャッチ:カクノ)

 

Pocket