0115_00

快適なAmazon生活を送るためのChrome拡張機能5選【書籍編】

16/01/2015

 

早いもので1月ももう中旬。

寒さも厳しさを増すばかりで、こうも寒いと外になんか絶対に出たくないですよね。

買い物も基本的にはAmazon頼み。

かくいう我が家にも、不敵な笑みを浮かべたあのダンボールが所狭しと部屋を占拠しております。

 

あんなベンリなサイトがあるとついついいろんなものを買ってしまうというのが人間の性というもの。

どうせならより安くお目当ての商品をゲットしてやろうということで、今回はAmazonで商品を買うときに、僕自身がいつも使っているChrome拡張機能をご紹介します。

 

今回は「書籍編」。

気になったらついつい買いすぎてしまう「本」を買うときに便利な拡張機能を取り上げます。

一部は書籍以外の商品でも使えますよ!

(※紹介する拡張機能のタイトルをクリックするとそれぞれのページに飛びます)

 

 

その本、図書館にあります。

 

0115_00

0115_01

 

名前の通り、その本が図書館にあるかどうか自動的に検索してくれる拡張機能です。

使い方は極めてカンタン。自分が日頃よく利用する図書館を2つまで登録するだけ。

あとは普通にAmazonの商品ページを閲覧すると自動的に検索してくれます。

 

ここでうれしいのは、登録できる図書館は2つだけですが、近隣の図書館を検索してくれること!

これはスグレモノです。

 

上記の画像の通り、いま貸出中かどうかもわかり、

図書館の予約ページにもワンクリックで飛ぶことができます。

書籍代に生活費まで蝕まれているアナタ、上手に使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

OffTheShelf

 

0115_02

 

オンライン書店の商品ページに価格の比較を自動表示してくれるのがこの「OffTheShelf」。

対応しているのは、Amazon.co.jpの他、ブックオフオンライン、ネットオフ、駿河屋。

Amazon.co.jpからだけではなく、対応しているその他の3サイトの商品ページからも、

価格比較をチェックすることができます。

 

在庫があればクリックして、オンライン書店の商品ページに飛ぶことができます。

中古本や絶版本をより安く手に入れたい時に重宝しますよ。

 

Amazon.co.jpとネットオフは基本的に送料無料ですが、ブックオフオンラインと駿河屋は1,500円以上で配送料が無料になるので、お目当ての品が1,500円以下でも、ついつい1,500円を超えるまで商品を買ってしまうので要注意です。

 

 

クローバーサーチB(アマゾン商品ページで価格比較)

 

0115_03

 

「TSUTAYAオンラインショッピング」や「セブンネットショッピング」などの他のオンラインショップとの価格比較を自動的にして、最安値順でリスト化してくれます。

こちらは書籍以外の商品にも対応。

 

Amazon.co.jpよりも安いショップは上位に表示され、価格差もわかりやすく示してくれます。

 

ちなみに、商品ページを開くたびにいちいち価格比較リストが表示されるのが煩わしい人向けに異なるタイプのものもあります。ブラウザにリストへのリンクボタンが埋め込まれた無印の「クローバーサーチ」と、商品ページ内にリストへのリンクが表示される「クローバーサーチC」。

それぞれ好みに合わせて導入してみてはいかがでしょうか?

 

 

SmaSurf for Webブラウザ拡張機能

 

0115_05

 

「ブックオフオンライン」や「楽天市場」、「Yahoo! オークション」などのさまざまなオンラインショップへの検索を、Amazonの商品ページから行える拡張機能です。

書籍だけでなく、あらゆる商品で使うことができます。

 

それぞれのオンラインショップへのリンクをクリックすることで、開いている商品ページの商品名で検索し、在庫があるかどうかを瞬時に検索することができます。

 

この「SmaSurf」にはこれ以外にもさまざまな機能があり、例えば、テキストをハイライト表示することで、そのキーワードでの検索ができる「クイック検索」の機能などがあります。

 

 

Keepa.com – Price Tracker

 

0115_04

 

商品の価格の推移が確認できるのがこの拡張機能。

「Amazon」、「マーケットプレイス-新」、「マーケットプレイス-中」の3つのグラフが表示されており、新品と中古、それぞれの価格の推移をチェックすることができます。

 

また、商品が設定した価格まで値下がりしたときに通知してくれる機能もあります。

 

もちろん、書籍以外にも使えるので、価格変動の激しい家電製品などを中心に重宝しそうです。

他にもいろんな機能が備わっているので、より詳しい使い方はコチラの記事をチェックしてみてください。

 

 

◎おわりに

いかがだったでしょうか?

どんなに万能なAmazonでも、絶版本などは中古品でも扱っていないことが多々あります。

そんなときは今回ご紹介した拡張機能を使うことで、お目当ての本をより安く手に入れることができるはず。

ぜひ便利な拡張機能で快適なAmazon生活を送ってくださいね。

 

 

(ライター・倉住亮多

Pocket